埼玉県北部のWiMAX2+据置タイプ

埼玉県北部のWiMAX
当方、埼玉県北部の在住しております。WiMAXは据置タイプを使用中で、その使用感を述べる前になぜWiMAXにしたかというと、以前は光回線の引いていましたが、月々の通信費を抑えたいという、皆さんが考える理由です。

実際WiMAXに替えてから通信費は2000円程安く抑えることができましたが、その通信費と引き換えに快適なWi-Fi生活がなくなってしまいました。

端末は、据置タイプの物を選択しました。これは、我が家の太陽光発電のモニタリング機器とをLANケーブルで接続しないとならないからです。

そこで端末は有線LAN対応のものを選択しました。これは、あとでわかったのですが、クレードルという物を購入すれば、端末を有線接続出来たとの事でいまは残念に思っています。

さて、冒頭の戻りますが、当方埼玉県北部在住です、WiMAXも通信圏内です。最初は家屋の中央に端末を置いた方が、家全体にWi-Fiが飛ぶだろうと、中央部に設置していました。

しかしながら、木造家屋の中央では十分に電波を拾えませんでした。ひどい時は全く電波を拾わない。
全く使い物になりません。

そこで、少しでも電波の強い所との事で、1階の窓際に設置場所を変更たところ、今度は電波は拾いますが設置した窓の対角線の部屋ではWi-Fiが届かないという事態になりました。通信費をケチったばかりに、非常に残念な結果になってしましました。

端末の近くであれば十分ですが、設置していない2階ではWi-Fiを拾ったり拾わなかったりして。結局Wi-Fiを切ってスマホを使うこともありました。時間帯での速度は、夕方から夜18:00〜21:00は速度低下が良く起きます。動画再生のはギリギリレベルですね。

あと、3日間で10ギガの通信制限も痛い所です。amazon primeビデオなどはを高画質で再生したりすると結構な頻度でひっかっかてしまいます。

速度制限を受けないようするには、中画質くらいまで、画質を落として再生しなければなりません。やはりWiMAXは光回線の代わりにはならない!という事を痛感しています。

挙句、据置タイプを選択してしまったために持ち運びすら出来ず、どこでも自分のWi-Fiを使えるというWiMAXの醍醐味さえ放棄した結果となってしまいました。

これから検討される方、光回線よりも通信費を安くしようと思ってWiMAXを選択することは、良く良く考えてからにした方が良いです。

当方は無駄な3年縛りの苦痛と速度不足の毎日を過ごしてしまいます。

WIMAXとその他wifi比較ならコチラ