育毛剤を適切に使うために必要な2つのコツについて

育毛剤というのは、簡単にいえば毛生え薬のようなものです。薬のようなものである以上、そこには適切な使用法があるはずです。

では、育毛剤を適切に使うためには、いったい何に気をつければいいのでしょうか?

育毛剤の適切な使用法を一言で言うと、毛髪ではなく頭皮に塗りこむような形で使うという点につきます。

特に育毛剤の一種である育毛シャンプーの場合、シャンプーと言う語感から、髪を洗うものだと勘違いしてしまう人がいますが、これは頭を洗うものではなく、頭につけるものです。

もちろん、育毛シャンプーは最終的に水で流すので、髪を洗うものという認識は間違いではないのですが、その前に、べっとりと毛根の穴までシャンプーが入りこむようにしないと、効果が期待できません。

ですので、育毛剤や育毛シャンプーを使うなら、毛髪ではなく、毛根や頭皮に塗りこむような形で使うとよいでしょう。

この、毛髪ではなく頭皮に塗りこむという点以外にも、育毛剤を使う前に気をつけるべきことがあります。それは、髪がある程度乾いた状態で育毛剤を塗ることです。

たまに、風呂から上がった後すぐに育毛剤を使う人がいますが、基本的に、育毛剤は髪がある程度乾いた状態で使った方が効果が高いので、髪が乾いてから育毛剤を使いましょう(育毛剤によっては、多少湿っている状態で使った方がよいものもあります)。

その時、自然に髪が乾くのを待つより、ドライヤーを使った方が効果的です。

ただ、あまりきつくドライヤーを当てすぎて、髪が完全に乾いてしまうと、それはそれで育毛剤の効果が出にくくなりますので、ある程度のところでドライターを当てるのをやめましょう。そうすれば、適切なタイミングで育毛剤を使うことができるでしょう。

頭皮に塗りこむ、頭がある程度乾いた状態で使う、これが育毛剤を適切に使うためのコツなので、育毛剤を使うなら、この2つのコツを考慮した上で使うことをお勧めします。

育毛剤使用に関しては、育毛剤チャップアップで効果を実感!成分や価格まとめの記事も参考になります。