クレジットカード現金化の仕組みは?どんな方法だと違法になるの?

クレジットカード現金化をすれば、今すぐにでも現金を手に入れられます。しかしその仕組みを知っておかなければ、悪質な業者、違法な業者に騙されてしまうこともあるかもしれません。

「事前に仕組みを知っておきたい」
「法に触れるようなことはしたくない」

そのような方々も多いと思います。そこで当記事では、クレジットカード現金化の仕組みや、違法業者の手口等をご紹介いたします。

クレジットカード現金化の仕組みとは?

現金化 仕組み
クレジットカード現金化の仕組みは、一言でいえば「中古品買取式」です。

クレジットカードには「ショッピング枠」がありますよね。念のために説明しておきますと、ショッピング枠とはそのカード一枚で買い物に使える金額、限度のことです。これを現金に換えようというのがクレジットカード現金化なんですね。

たとえばあなたがお持ちのカードの上限が30万円で、すでに10万円を使っているとしましょう。残り20万円分、カードを使うことができるわけですが、この分を現金に換えるというのが、今のクレジットカード現金化の仕組みであり、その方法として中古品の買取という形が採られているわけです。

みなさんは何か、要らなくなったゲームソフトやCD、DVDなどを中古店に売り払ったことはありますか?

仕組みとしてはそれと同じなのです。たとえばクレジットカードで1万円のゲームを購入したが、つまらなかったので中古店に売却することにした。すると8000円で売れた。

この場合、カードには1万円の購入履歴が残りますが、8000円という現金を手に入れることができました。これと同じ仕組みで、ショッピング枠を現金に換えるのが、今のクレジットカード現金化であるわけですね。

ちなみに、いま例に上げたとおり、クレジットカード現金化は自分で行うことができます。カード会社は、現金化目的でカードを使用することを禁止していることが多いのですが、行為に違法性はありません。

ですから自分でカード現金化を行っても逮捕・起訴されるようなことはないのです。

あまりに大きな額の現金化を行うと、カード会社に目をつけられて、最悪利用停止ということになるかもしれませんが、行為自体は合法ですので、心配しなくても大丈夫です。

違法業者の手口、現金化の仕方とは?

では次に違法業者についてです。まずクレジットカードそのものを買い取るという形ですが、これは紛れもなく違法行為ですので、そのようなことを行う連中とは絶対に関わらないようにしましょう。

次に、キャッシュバック方式を採っている業者。これも利用しないほうがよいでしょう。キャッシュバック方式とは、文字通り、購入した商品の金額の何%かを現金で還元するという方法です。

たとえば10万円の商品を購入すれば8万円現金をお返しします、といった形になるわけですね。この場合カードには10万円の使用履歴が残りますが、8万円の現金を手にすることができるのです。

何も問題ないように思われますが、2011年7月、キャッシュバック方式でカード現金化を行っていた業者が出資法違反と貸金業法違反容疑で摘発されたことにより、「アウト」あるいは「黒に近いグレー」の観が強くなりました。

もちろん、キャッシュバックそれ自体は問題はないのですが、その業者は常連客に対し商品の発送を怠っていたようで、商品取引がないにも関わらず金銭授受を行っていたから、摘発される結果となったのです。

したがって、キャッシュバック方式に関しては、商品の発送が確実になされていれば問題ないということになりますが、その業者がその辺りのことをきちんとしているかどうかは、実際に利用してみないとわかりません。

客が逮捕されるようなことはないと思いますし、過去の摘発を教訓に真面目にやっているところは多いと思いますが、トラブルに巻き込まれたくないのであれば、中古買取方式の業者を利用したほうがよいでしょう。

安全な業者検索なら→【現金化優良店】クレジットカード現金化で安全即日融資の業者2017