その人の言うこと聞いて大丈夫?占い師の良し悪しを判断する基準とは

電話占いを利用する人は様々な悩みを抱えていますが、共通しているのは、それが一度失敗するとすべてダメになってしまう類の悩みであるということです。

たとえば、好きな人がいて、その人を振り向かせたい。そして近いうちに告白し、交際をスタートしたいと考えていたとします。

もし、そのどこかの過程で好きな人に嫌われてしまったら、その恋はほとんどダメになってしまいます。

ですから、慎重に行動しなければならないわけですが、そこでどう行動するかの判断を、占い師にすべて任せてしまっていいのでしょうか?占い師の言うことは本当に正しいのでしょうか?

この記事では優れた占い師について述べたいと思います。

優れた占い師の特徴とは?

電話占い師
まず頭に入れておいていただきたいのは、そもそもすべてを占い師の言うとおりにすべきではないということです。

それでは自分で考えることができなくなってしまいます。占い師の意見を聞いたうえで、自分なりの答えを見つけ、行動することが大切なのです。その行動は占い師の言うことと真逆を行っていても構わないんですね。

そのうえで、じゃあ優れた占い師とはどんな人のことをいうのか、考えてみましょう。適当なことを言っていたり、真面目に占いをする気がなかったりする占い師には、ある特徴があります。

それは誰にでも当てはまるような抽象的なことしか言わないということです。

たとえば「あなた今、悩みがありますね」とか「その悩みにひどく苦しんでいますね」とか、その程度のことは誰にでも言えます。

恋愛のことでも、仕事のことでもそうですが、誰もがぶち当たる普遍的な「悩み」「壁」というものを、さも自分が霊感でずばり見抜いたかのように言ってみせる占い師は一定数いるのです。そしてそのような占い師のことを「いんちき」と言います。

つまり優れた占い師とは、誰にでも当てはまるようなことを言わない人のことなのです。これは電話占いでも、話を聞いていればある程度判別することができます。

私は、これまでに何度か電話占いを利用しましたが、人気のある占い師さんは、やはり具体的なことを言ってくれますので、非常にためになりますね。

そういう意味では、電話占いでどの先生に相談するかというのを、人気や知名度で決めてしまうのもありなのかもしれません。

電話占いサイトに在籍している占い師は、厳しい審査をくぐりぬけた人です。しかし、実力のある占い師が、その審査が終わったあとに、真面目に働くかどうかというのは別問題なんですね。

電話占いサイトを見ると、数百人もの占い師が在籍しておりますが、それだけ多くいると、一人二人は不真面目なのがいても何ら不思議ではありません。

電話占いをするときには、その人が本当に自分のことを思って言ってくれているのか、物事の真理がわかる優れた占い師なのかどうか、慎重に判断するようにしましょう。

最初に述べたとおり、一度失敗すると、すべて台無しになるかもしれないのですから、いい加減な占い師の言うことには一切耳を貸さないことです。